ペンエンド関西支部 第2回 講演会 報告(2018年3月4日大阪大学中之島センター)

平成30年3月4日(日)、大阪大学中之島センター(大阪市北区)にてPESCJ(ペンエンドスタディークラブインジャパン)関西支部 第2回講演会を開催いたしました。

天然歯保存の機運が高まる昨今、最新の器具・材料・テクニックに翻弄されず 『科学的根拠に基づいたコンセプトを実践することで良好な治療結果を生み、それが真の患者利益につながる』と我々は考えており、そうした世界基準の歯内療法を関西の地に広め 根付かせるべく活動を続けています。当日は天気の良い休日にも関わらず、若手からベテランの先生そしてコデンタルスタッフまで多くの方々に参加頂き、歯内療法への関心の高さがうかがえました。

講演内容は、歯内療法分野の諸問題を解決し、歯内療法を成功へ導く能力を養うためのものとなっています。
①根尖性歯周炎の難治化と無菌的治療の重要性、無菌的処置の実際
②歯髄と根尖部の診査・診断
③根管形成・根管洗浄・根管貼薬・根管充填
④コアと築造、歯内療法処置後の修復処置・歯冠側からの漏洩
⑤外科的歯内療法
上記の項目について4人の講師より講演させて頂きました。

講演終了後には多くのご質問を頂戴し、質疑応答は20分を越える熱を帯びたものになり、受講生の方々が日々の臨床において、多くの疑問を抱えていらっしゃるのかを計り知る事が出来ました。

 

本講演会が参加いただいた皆様方の日々の歯内療法の成功率を上げていくための一助になれば幸いです。

 

また、アンケートに記載いただいた改善点を真摯に受け止め、今後に活かしより良い講演会とするため研鑽を積んで参りたいと思います。

以下に受講生からのアンケートの一部を掲載させていただきます。

・講義の理解度 : 100%
・講義の満足度 : 89%
・何日かけてでも、しっかり時間をとって話を聞いてみたいと思いました
・包括的なコンセプトを中心によく伝わりました
・今後開催される講演会に参加した :95%

次回は11月に和歌山県(会場未定)での開催となります。
また正式な案内が整い次第、告知して参りますので今後とも宜しくお願い
致します。

詳しくはこちらをご参照ください。http://pescj-kansai.org/seminar/
多くの先生方とお会いできることを楽しみにしております。